ニュージーランドでライブをすることが決まったので、経由するオーストラリアでもライブできたらなと、サウンドクラウドのイベントをやってくれそうなフォロワーさんを探していたところ、Jeffereyさんという現地のステンドグラスアーティストが声をかけてくれたのを思い出した。

Jeffereyさんに早速連絡を取り、オーストラリアに寄るかもしれないからイベントを開催してほしいとお願いした結果、快く引き受けてくれた。そんなご縁からシドニーに1週間滞在。いろんな意味で楽しい時間が過ごせた。

14462771_788509897957803_8953495218160987962_n右がジェフェリーさん、シドニーらしいおしゃれなファッション。自分のやってるベースミュージックはヨーロッパとオセアニアにだいぶ人気があり、パンガン島よりも自分の活躍できそうなところが多そうでうれしかった。ちなみに左は母。なんで母といかないといけないのか・・・って最初は残念だったが、マネージャー役として大活躍してくれた。ある意味、最強のパートナーだった。

14469467_788509081291218_1958250413800024260_nシドニーについてすぐにセントラルシティーに向かったのだが、今回準備してくれたジェフェリーと駅前で面会、とてもさわやかなシニアで、グラスアーティストといえる以上にいろんなハイセンスな雰囲気を持ち合わせていた。古いこのビルでステンドグラスの工房をやっている。

14469610_788508974624562_299124715645396977_n中に入ると、その古いビルは、アートの空間が広がり、圧倒された。HIPHOPなデザインだけど、なにかしらそこに幾何学的な、論理的なデザインが入り込んでいるのが特徴的だった。まさにロンドンとLAの中間みたいなミックスされたカルチャーなんだなと認識。

14390728_788509424624517_3820387597969763816_n

4階だったかな、そのフロアについたら、ちょうどステンドグラスの作業をしている最中だった。こんな忙しいにも関わらず、イベントをやってくれて本当にありがとうございます。つくったステンドグラスは教会だったりに収められるらしい。

14457395_788509567957836_5523868345116604601_n廊下を渡ってると、ジェフェリーさんがつくってくれたフライヤーが!でかでかと名前を乗っけてもらいました。今回は地元のベースミュージックDJ3人が前座をしてくれるとのことで、自分のライブをたった1週間の準備期間にも関わらず協力者を集めてくれて本当にありがたい。

14469716_788509554624504_6932479413548061734_n急なイベントで集まるかどうかって不安みたいだったけど、結局50名くらいのオーディエンスが集まってくれて、最後のライブでは大盛り上がり、酔っぱらった女性客にYou are Beautifulと連発され舞台でキスされたのだが、酒のにおいがきつかった。このライブをちょっとしか映像で取れてなかったのが心残り。

14364638_788509841291142_5555243864985404142_n屋上に行ってみることになり、ビルの中を散策、もう右も左もわからなくなるほどの迷宮だった。その壁面すべてにオリジナルのデザインが広がっていて、ほんとに異空間っていうか、古いビルってこうやったらほんとかっこいいなって心の底思った。

14370212_788509751291151_1332837829269528591_n屋上に到着、絵がそれぞれ個性的で、くる人たちの心をつかむ。このビルにはクリエイターが100名以上事務所を構えているらしい。

とまあこんな感じの素敵な古いビルに、自分も気に入って制作作業を日中はこのジェフェリーさんの工房でやらせてもらうことにした。

14446101_788509317957861_5455219039612235966_n

img_0321

ハイセンスなデザイングラスを希望の方はこちらまでの番号に電話するべきだ。 0421-038-739 オーストラリアの国番号が日本からは付けてくださいね。オーストラリアシドニーに行く予定の友達も是非彼の工房に遊びにいってみて☆

広告