Spotifyといえば、最近日本で利用が解禁されたとニュースで大々的に話題になっているウェブサービスだ。過去こちらの記事でも触れた通り、サウンドクラウドと対抗する音楽サービスとして、これまで欧米を中心に広がってきたサービス。この状態からアジア人がこのサービスを使い始めてはたして意味があるのかと思ったが、やはり先進的なクリエイターたちはこのサイトの活用に動いていることから取り上げてみる。

soundcloud5

若干Spotifyのほうが人気度が高くなっているようだが、Soundcloudは特に変わったサービスを提供していないためか逆転現象が起こっている。なんとなく昔のMy Space的な雰囲気のあるSpotifyだが、このサービスがもっとも掲げることは、ストリーミングサービスによるアーティストやレーベル、権利者への利益配分だ。

1再生につきいくらといった報酬が決められそれがディストリビューターを通じて配分される仕組みで、アーティスト登録には指定されたディストリビューターやアグリゲイターを通じて支払を行う仕組み。

その仕組みがこちらのページに掲載されている。spotify

ここでSpotifyでリスト化されているアグリゲイターとして緑色の会社が指定されていた。

TUNECOREはLINE MUSICでも、またCD BABYも無料でCDリリースできるサービスとして有名だ。ここでディストリビューション・コードを取得するとAmazonやitune様々な配信会社で曲が販売スタートになる。

ただ、この敷居はまったくなく誰でもこのサービスに登録されるようになっている。こうしたモデルに近いウェブサービスBeatportも同様、権利収入の配当の仕組みの上で成り立つウェブサービスなので仕方がない。その音源の流通網もストリーム配信で実現した初のサービスということでSpotifyが話題なのだろう。

spotify2

サウンドクラウド同様アーティストやレーベルにたいしてリスナーやフォロワー?のマーケティング機能を提供している。近いうちにサウンドクラウドもこうした課金性のサービスをスタートする可能性もあるらしいが、アジア方面特に日本人にとっては、サウンドクラウドと比べて前置きが長すぎて使う気にならない。そもそも欧米優位をつくるためのツールにしか見えないが、ここはサウンドクラウドの課金制のサービスに期待。

広告